<一覧に戻る
写真

アウトドアで快眠?!
インフレータブル枕

アウトドアライフでのさらなる快適を求めて、インフレータブルマットに続き、インフレータブルな枕をレビューしてみたいと思います。

しおこ




枕はスウェード地のみ

写真

裏側に滑り止め加工があります

肌触りがとてもいいです。寝心地もよさそうで、期待値が上がります。

膨らみ方を見てみよう

約2分でほぼ膨らんでいます

驚きです。マットよりもサイズが小さいせいか、バルブを開くとすごい勢いで膨らんでいきます。最初のぺったんこのシワシワが嘘のようにキレイに膨らみました。

空気の入り方(2分後)

写真

すごい、一気にここまで膨らんだ

空気の入り方(5分後)

写真

そんなに変化はない

やはりマット同様2分でほぼ最大まで一気に膨らんでしまうんですね。枕の厚みは最大15cm。にもかかわらず、あっという間です。

高さが足りなければ直接息を吹き込んで膨らましてもいいし、逆にもう少し低くしたい場合は、バルブを開けたまま寝てみて、ちょうどいい高さまで空気が減ったらバルブを閉じる、という感じで自分好みの高さに調節することができます。

こんなふうに使えるよ

ジョイント

写真

取り付けは簡単

写真

背の高い人にはオススメかも

マットと枕にジョイント用のスナップボタンがついているので、そこを合わせて止めるだけ。しっかりジョイントできるから、枕が行方不明になることもありません。

マットの長さが180cmなので、身長の高い人にはジョイントした分少し足元に余裕が生まれます。

乗せるだけ

写真

普段の枕のようにポンと置くだけ

写真

枕が高い方が好きな人にはオススメ

ジョイントすると枕が低く感じるかなと思ったのですが、意外なことにそれほど低く感じませんでした。私の好みとしてはジョイントよりもマットに置いて使うほうが好きですが。。。

ポリエチレン生地に合わせてみたら

ジョイント

写真

取付けはスウェード地同様

枕とマットを異素材で組み合わせたことによる違和感は特になし。

ジョイントして枕を使う場合は少し空気を多めに入れると、ちょうどいい高さになりました。枕とマットの間にできてしまう溝が心配でしたが、実際寝てみるとまったく違和感ありませんでした。

乗せるだけ

写真

モスグリーン(枕)とグリーン(マット)

ポリエチレン生地だと枕を置いたときに滑るかなと思っていましたが、枕の裏側に滑り止め加工がしてあるせいか、使っているうちに枕がズレることはありませんでした。

まとめ

枕の裏側にある滑り止め加工がけっこういい仕事をしてくれました。さらに横幅がマットの横幅と同じくらいあるので、寝返りを打って頭が落ちる心配がありません。

枕の高さには個人の好みがあるかと思いますが、そこは空気を入れたり抜いたりして簡単に調整できるので、実はかなり汎用性の高い枕なのかも。

マットのレビューはこちら▶▶▶