<一覧に戻る
写真

徹底比較 !
FLEXBELL32kg VS
メタルダンベル32kg

ついにお目見え、1kg刻みのメタルダンベル。このやたら艶ピカなダンベルには一体どんな魅力が隠れているのか。一番よく売れていて同じ32kgのフレックスベル32kg(2kg刻み)との違いを徹底比較してみました。

しおこ




まずはメタルダンベルを簡単にご紹介

艶ピカなボディ

写真

すごいピカピカ

写真

マットな感じのフレックスベルとは正反対

存分に艶ピカをお楽しみください

すごいキラキラしいダンベルですね。光り物好きの心を鷲掴み。1kg刻みというだけあって、プレートの厚みがとっても薄いです。グリップや重量の表示部分も高級感があってカッコよさそう。

徹底比較! FLEXBELL32kg VS メタルダンベル32kg

写真

フレックスベルとメタルダンベルの違いはこんな感じ

この表を元にフレックスベル32kg(2kg刻み)とメタルダンベル32kg(1kg刻み)を比較したいと思います。

重量切替

回した感じはメタルダンベルのほうが軽いですね

やはり、1kg刻みで重量を変更できるということは汎用性が高いですね。はじめは2kg~3kgずつ上げていって、高重量になってきたら1kgずつ増やしていくなど自分主体で負荷を決めていくことができます。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

切替方法

写真

どちらも片手式

片手で重量切替できるダンベルは家トレの必須アイテムですね。早くてスマート、なんといっても場所を取らないのが嬉しい!

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

切替時間

時間の速さはもはや道具ではなく自分次第?

シャフトをひねって持ち上げるまでが1秒! これは驚異の速さです。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

グリップの太さ

写真

メタルダンベルの方がちょっと太い

うーむ、このあたりは個人の手の大きさやトレーニングの仕方によって、ちょうどいいサイズが変わってくるから一概に判断することはできませんねぇ。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

グリップの長さ

写真

メタルダンベルの方がかなり長い

グリップの太さと同じく、個人差や好みによって判断が分かれてくるところですね。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

シャフトの長さ

写真

ココで両者に大きな違いが現れました

フレックスベルはご存知のとおり、重さが増えるに連れシャフトが長くなっていきます。反対にメタルダンベルは重さが変わっても、シャフトの長さが固定されています。これはかなり分が悪い~。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

×

シャフトの重さ

写真

スタートの重さが違う

フレックスベルの最小の重さは2kgとうたっていますが、実際に量ってみるとけっこう誤差がありますね。反対にメタルダンベルはほとんど誤差がありません。

このあたりも好みによって分かれそうですが、最小の重さでトレーニングする人は少ないでしょうから、やはり重要なのはその後何kg単位で重量が増えていくか、ということになるのでしょうか。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

省スペース

写真

ほぼ同じ大きさ

なんと、台座に乗せてしまうと2つともほぼ同じ大きさ。しかもとってもコンパクト! 家トレ派には嬉しい~

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

デザイン

写真

マット VS つやつや

むぅ…悩ましいですね。デザイン的には優劣つけがたいほどどちらもカッコいい。ちなみにメタルダンベルの側面にはライシンのロゴがカッコよく入ってますよ ( *´ノд`)コショショ

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

転がりにくさ

転がそうと思えば一部転がります

フレックスベルは底の部分が平らにカットされていて、メタルダンベルはシャフトにプレートカバーが付いているので、その部分で止まることができます。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

音(引上げ時とトレーニング時)

引上げ時

持上げ時

引上げ時、持上げ時どちらもメタルダンベルの方がより大きな音がしますね。特に引き上げたときはどちらのダンベルもプレートの擦れ音があります。

まぁこれだけプレート同士が密着していれば必然かもしれませんが。メタルダンベルで聞こえる金属音は人によっては好き嫌いが分かれるところかも。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

プレート回転

ココにも両者の違いが出てますね

フレックスベルは固定、メタルダンベルは回転式。動画ではあえて回転させるように動かしてもらいましたが、普通にトレーニングしただけでは、そこまで回転は感じられないようです。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

×

メタルダンベル
32kg1kg刻み

面取加工

写真

まったく対象的な加工

フレックスベルはわりとシャープなプレート。メタルダンベルはディスクを思わせるようななめらかな加工になっていますね。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

×

メタルダンベル
32kg1kg刻み

重量展開

写真

メタルダンベルは今のところ32kgのみ

フレックスベルはなんと3種類、メタルダンベルは1種類のみ。今後種類が増ええくれればいいですが、どうなんでしょうか。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

×

カラー展開

写真

メタルダンベルは何色というのだろうか

ちなみにフレックスベルの36kgはブラックのみとなります。こうやって見るとフレックスベルのほうが先にリリースされているせいか、いろんな展開がされていますね。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

×

保証

写真

保証はバッチリ

どちらも保証はしっかりついています。

判 定 結 果

フレックスベル
32kg2kg刻み

メタルダンベル
32kg1kg刻み

結果発表

  フレックスベル
32kg2kg刻み
メタルダンベル
32kg1kg刻み
6 8
8 3
0 2
× 2 3

ライシンの2大巨頭ダンベルの比較結果は以上となりました。メタルダンベルはシャフトの太さや長さがフレックスベルに比べて大きいので、手が大きい人やグローブを使ってトレーニングしたい人には向いているんじゃないかなぁという印象でした。

どちらのダンベルも一長一短あって、甲乙つけがたいですが、家トレのメインアイテムであることは間違いなし! お部屋との相性でもいいし、トレーニング内容、重量切替のkg数…。あなたのわがままをたくさん受け入れてくれるダンベルを選んでください。